2010年2月10日

大阪地区の異形棒、上値めざす動き

 異形棒鋼は5万3000円(トン当たり、ベースサイズ、直送)どころで強横ばいの展開。電炉メーカー数社が販売価格を引き上げると発表したことで、扱い流通は売り値の引き上げに取り組んでおり、市況の上昇ムードが強まりつつある。

おすすめ記事(一部広告含む)