2010年2月22日

清水、受注対応を強化 新設備導入

 鋼材流通の清水(鳥取市古海542―1)は、新たな加工設備の導入により、受注対応力を高める。昨年末に穴開け加工機を入れたのに加え、3月には、プラズマ切断機を更新して能力をアップする。加工時間の短縮にもつなげ、取引先ニーズを確実に捕捉する。業況が厳しいなか、営業エリアを少しずつ拡大させて受注を開拓しており、収益確保につなげていく。

おすすめ記事(一部広告含む)