2010年2月23日

日鉄住金鋼板、堺など4設備廃止

 日鉄住金鋼板(本社=東京都港区)は22日、西日本製造所堺地区の溶融亜鉛めっき設備(CGL)1基とカラー鋼板を製造する3工場の塗装設備(CCL)各1基を廃止する事業構造改革を発表した。

 鋼板部門の固定費を2010年度に08年度上期と比べて約3割削減する。10年度は現状設備の稼働率65%相当で経常黒字を見込める体制に改める。09年度には堺地区の冷間圧延設備の廃止、堺、尼崎一体運営など第一弾の対策を実施した。

おすすめ記事(一部広告含む)