2010年3月16日

越路金属、ギャップシャー増設

 金属スクラップの加工処理や販売を手がける、越路金属(本社=茨城県坂東市、永井久二社長)はこのほど、第一工場(茨城県坂東市)にギャップシャーを1基増設した。既存設備の老朽化が背景。増設により鋳物用配合スクラップ(可鍛コロ)の月間加工量1700トン(従来比1000トン増)をめざす。

おすすめ記事(一部広告含む)