2010年6月2日

東京地区の一般形鋼、荷足悪く上げ一服

 一般形鋼は等辺山形鋼が6×50で置き場トン8万1000―8万3000円、溝形鋼は8万3000―8万5000円で横ばい。建設需要の低迷を背景に、足元の引き合いは落ち込んでいる。市況は上昇を続けてきたものの、ユーザーの指し値は厳しく、しばらくは現在の価格帯で推移する見通しだ。

おすすめ記事(一部広告含む)