2010年6月16日

東京地区の一般形鋼、下落ムード強まる

 一般形鋼は等辺山形鋼が6×50で置き場トン8万1000―8万3000円、溝形鋼は8万3000―8万5000円で弱含み。東京製鉄が溝形鋼の販売価格を7000円引き下げ、下落ムードが強まっている。値上げ後の高値製品が入庫しており、流通は採算確保に苦心している。当面は一般形鋼の主要メーカー、大阪製鉄とJFE条鋼の販売方針が焦点になる。

おすすめ記事(一部広告含む)