2010年6月7日

東京地区のNi系ステン棒鋼、弱材料見当たらず

 ニッケル系ステンレス棒鋼は強基調。需給バランスはタイトで、市中では流通段階での値上げが浸透している。SUS304ベースサイズがトン当たり62万―64万円どころ。仕入れ価格の上昇分を早期に再販価格に転嫁したい流通業者は、需給タイト、在庫低減を背景に、今月も値上げに向けた取り組みを加速している。

おすすめ記事(一部広告含む)