2010年6月8日

東京地区のカラー鋼板、需要不振で頭重い

 カラー鋼板は横ばいが続いている。市中価格は、板厚0・35ミリ×914ミリ幅の小コイルがトン当たり23万円、大コイルが21万円どころ。問屋筋からは「値上げ浸透の進ちょくは3割ぐらい」との指摘が聞かれ、総じて新値浸透が遅れている。流通は7月以降の仕入れ高をにらんで、6月中には値上げ完了したい意向だが、引き続き需要不振が重しとなっている。

おすすめ記事(一部広告含む)