2010年6月10日

関東鉄源協、鉄スクラップ 輸出価格3万円割れ

 関東鉄源協同組合(理事長=渡辺淳・丸和商事社長)が9日実施した7月積み鉄スクラップ輸出入札の平均落札価格(H2)は、前回比8113円安のFASトン2万8070円となり、2カ月連続で前月の水準を下回った。3万円割れは2009年12月以来。地場の炉前価格より3000―4000円割安なため、「地区内の相場はさらに下落する」(流通筋)と受け止められている。落札数量は5000トン減の1万5000トン。

おすすめ記事(一部広告含む)