2010年6月10日

印・タタ、加鉱山株を追加取得 埋蔵量6400万トン

 印鉄鋼大手のタタ製鉄は8日、加鉱山会社ニュー・ミレニアム(NML)の普通株1428万5714株を引き受け、出資比率を27・4%と19・65%から高めたと発表した。引受額は合計2000万加ドル(約17億3900万円)で1株当たり1・4加ドル。NMLは推定埋蔵量6410万トンの鉄鉱石鉱山開発を進めており、タタは共同で鉄鉱石と低品位鉱石のタコナイトの開発を行う。

おすすめ記事(一部広告含む)