2010年6月15日

東京地区の普通鉄線、徐々に高値浸透

 普通鉄線は強含み。市中価格は4ミリの規格線がトン当たり13万2000円、一般用線が12万4000円どころ。6月初めには新値がおおむね出そろい、足元では流通への浸透が進んでいる。一方で、引き合いの弱さが重しとなっており、季節的にも梅雨を迎え、需要が伸びにくい状況。6月下旬にかけて転嫁が完了する見通しだが、一部流通は未達への懸念を示している。

おすすめ記事(一部広告含む)