2010年6月22日

東京地区の異形棒、下落局面迎える

 異形棒鋼はベースサイズで直送トン6万5000円、在庫6万8000円で下げ基調。引き合い、荷動きともに閑散としており、ゼネコンの下押し圧力は強まっている。メーカーに売り急ぐ気配はみられないが、一部流通で在庫圧縮を優先する動きもあり、相場はしばらく下落局面が続きそうだ。

おすすめ記事(一部広告含む)