2010年6月24日

新日鉄、H形鋼受注スキップ 1年半ぶり

 新日本製鉄は、7月契約分の店売りH形鋼の受注を、1年6カ月ぶりに見送ると流通各社に伝えた。ときわ会在庫が2カ月連続で増加した上、6月末も在庫量が増える懸念があるとして、需給調整の必要があると判断したようだ。今回の受注見送りにより、市場環境を整えた上、新日鉄では早期の大幅値上げを実施する考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)