2010年6月24日

JFES、油井管輸出 値上げ決着

 JFEスチールが、オイルカンパニーなどと進めていた油井管輸出商談は、本年度上半期で今年1―3月に比べ300―400ドルの値上げで決着した。4―6月分で300ドル程度値上げを達成したのに続き、7―9月分でも鉄鉱石や原料炭などの価格高騰を映して100ドル程度の追加値上げが浸透したもの。

 昨年急減した油井管需要は今年に入って急速に回復しており、7月から始まる10月積み以降の商談についても、原料価格動向をにらみながらも、もう一段の価格引き上げを図りたい考えだ。また長期契約案件については現在交渉中だが、原料価格の四半期改定を反映させる仕組みを需要家に提案しており、需要家の理解も進んでいるという。

おすすめ記事(一部広告含む)