2010年6月24日

東京地区の厚板、需要低迷で足踏み

 厚板は横ばい。定尺(19ミリ、5×10)がトン当たり8万8000円、切板が9万5000―10万円。高炉メーカーの母材値上げによるコスト上昇圧力は依然として強いが、需要環境は低迷した状態が続いており、価格転嫁は足踏み状態となっている。

おすすめ記事(一部広告含む)