2010年6月29日

宝鋼・鞍山、粗鋼生産6000万トン級へ

 中国の宝鋼集団は先週末、2010―15年の新中期計画で、粗鋼生産能力を年間6600万トン以上に拡大すると発表した。鞍山鋼鉄集団も24日に新発展計画を発表し、企業統合によってグループ粗鋼を、15年までに6000万トンに引き上げる。河北鋼鉄集団を抜き国内1位と2位、世界ではアルセロール・ミッタルに次ぎ2位グループを形成する。

 中国政府が17日に大手鉄鋼10社による国内生産比率を、15年までに60%以上とする政策を表明。政府方針に沿って規模拡大を進め、生産性と原料購買力を高める狙いだ。

おすすめ記事(一部広告含む)