2010年6月30日

大阪地区の異形棒、先安ムード強い

 異形棒鋼は6万5000円(トン当たり、ベースサイズ、直送)どころで、弱含みの展開となっている。横ばいで推移してきた市中相場は、鉄スクラップや他の建材製品の下落、東京製鉄が7月契約で7000円値下げすると発表した影響で、弱含みに転化した。

おすすめ記事(一部広告含む)