2010年6月2日

大阪地区の異形棒、価格転嫁が難航

 異形棒鋼は6万5000円(トン当たり、ベースサイズ、直送)どころで、横ばい。在阪メーカーが6月契約も値上げを発表したことについては、「他の建材製品が据え置きのなか、値上げが発表されたインパクトは大きい」「需要が悪いため、前の価格帯のものも売れ行きがよくない。流通は無理して高値製品を申し込むことはないのではないか」(流通筋)といった意見が聞かれる。

おすすめ記事(一部広告含む)