2010年7月28日

新日鉄、店売りH形、需給調整続く 8契もスキップ

 新日本製鉄は8月契約分の店売りH形鋼の受注を、2カ月連続で見送ると流通各社に伝えた。

 新日鉄製品を扱う流通で構成する「ときわ会」の在庫量は3カ月連続で増加している一方、国内需要の低迷が続き、需給バランスは大きく崩れている。このような危機的状況を回避するため、再度の受注見送りに踏み切ったようだ。今後、在庫適正化の後、新日鉄は追加値上げを実行する考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)