2010年11月22日

全国粗鋼、2カ月連続900万トン台

 日本鉄鋼連盟が19日発表した10月の全国粗鋼生産量は、前年同月比8%増の950万8000トンと、12カ月連続で増加し、2カ月連続の900万トン台乗せとなった。1日当たりの生産は30万6700トンと、前月の30万7900トンを下回ったが、四半期2820万トンペースの高生産が続いている。

 中国の需給調整や円高により、輸出環境が悪化し、国内でも景気刺激策の息切れによる需要減懸念が強まるなか、熱間広幅帯鋼の生産が1年ぶりに減少に転じており、今後、生産調整色がより鮮明となってきそうだ。
おすすめ記事(一部広告含む)