2011年5月27日

横浜鋼業、在庫2万トン体制を整備

 関西地区の大手鋼材流通、横浜鋼業(大阪市西区)は今期(2012年3月期)、売上高100億円、営業利益2億5000万円、扱いトン数11万1000トンを目指す。需要環境は前期並みの水準と予測。その中で、在庫を従来比30%増の2万トン体制に整備し、商売の機会を逸失しないことに加え、ユーザー販売のさらなる強化、鋼板類の全体に占める扱い割合を30%に引き上げるなどして、目標の達成を目指す。
おすすめ記事(一部広告含む)