2011年6月16日

異形棒・H形、東北の需給均衡化

 国土交通省によると、東北地区と周辺地域の異形棒鋼、H形鋼の5月中旬調査時の需給動向は、均衡化している。4月上旬調査時には「ややひっ迫」だったものの、商社では「緊急的な引き合いが収まったため」(営業担当者)と要因を分析する。足元の建設受注は前年割れが続いており、今後、緩和する可能性もあるようだ。

おすすめ記事(一部広告含む)