2011年7月12日

日本重化学・JFEエンジなど、地熱発電事業化で協定

 JFEエンジニアリング(岸本純幸社長)は11日、岩手県八幡平市(田村正彦市長)、日本重化学工業(道林孝司社長)、地熱エンジニアリング(本社=岩手県岩手郡滝沢村、小関正弘社長)との4者で、岩手県八幡平市八幡平御在所地域(松尾八幡平地域)における地熱発電の事業化検討に合意し、協定を締結したと発表した。

 4者の強みを生かして早期に検討を進め、2015年には出力7000キロワット級の発電設備による送電開始を目指し、再生可能エネルギーの活用に貢献する。

おすすめ記事(一部広告含む)