2020年9月9日

JFEエンジなど、世界初 橋梁工事向け合成床版 配筋検査を自動化

JFEエンジニアリング(大下元社長)とAIを使用した算出法の開発企業ACES(本社=東京都文京区、田村浩一郎CEO)は9日、ドローンによる写真撮影と画像認識AIを活用して橋梁工事向け合成床版の配筋検査を自動化する世界初のシステムを共同開発したと発表した。幅10メートル×長さ153メートルの床版全数検査で最大75%の省力化が期待できるという。職人の人手不足が顕在化する中、新システムは安全性とともに生産性向上に寄与する。

おすすめ記事(一部広告含む)