2012年1月30日

中板定尺、唱え2000―3000円引上げ 関西扱いCC

 関西地区の中板扱いコイルセンターは先週から、定尺の唱えを2000―3000円引き上げてきている。熱延コイルについては国内外メーカーが価格を据え置くなど安値対応を払しょくしており、在庫も一部サイズで歯抜けが出るなど、調整が進んでおり、扱い筋は定尺の価格改善に動いている。ただ、地方筋や二・三次特約店は材料価格の値上がりに対していまだ抵抗感があり、市場への浸透はスローペースとなる方向だ。

おすすめ記事(一部広告含む)