2021年2月22日

厚板定尺 唱え2000―3000円追加上げ

関西地区の鋼板扱い業者は今週から、厚板定尺の唱えをさらにトン2000―3000円程度引き上げる方針。年初から売値改善を進め、トータルで8000円前後の転嫁ができたが、いまだ採算面では厳しい状況。先行き、仕入れ価格はもう一段階上がる見通しで、こうした状況を受けて唱えを引き上げるもので、当面、市況はジリ高推移となる方向だ。

おすすめ記事(一部広告含む)