2012年3月15日

中村鋼材、受注強化 加工月5000トン

 中村鋼材(本社=大阪府枚方市、中村圭一社長)は今期(2013年1月期)、全社加工量を前期比微増の月間5000トン強(平均板厚0・3ミリ強)を計画している。震災復興需要向けが堅調な東京工場(埼玉県三郷市)は、きめ細かな受注を展開し受注増を図り、本社工場についてはメーカー、商社と一体となった営業を行うことで加工数量を維持し、業績は黒字継続を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)