2012年4月26日

NSSC、フェロニッケル16%上げ合意 4-6月積み

 新日鉄住金ステンレス(NSSC)は、4―6月積みのフェロニッケル価格交渉で、1―3月比16・3%の調達価格引き上げで、南アフリカの大手生産者と25日までに合意した。欧州勢が3週間前に値決めした後も、アジアの厳しい需給環境を訴えて交渉を続けたが、電力コストの上昇などで事業継続が危ぶまれる南アフリカ勢の安定供給を重視して、最終的に受け入れた。

 NSSCはクロム分18%のステンレス鋼種でトン当たり約6400円のコストアップ分を販売価格に転嫁する考えのため、今回のフェロニッケル値上がりの影響は製品にも及びそうだ。
おすすめ記事(一部広告含む)