2012年5月9日

JFES、厚板・エネ分野比率倍増 クラッド鋼、世界トップへ

 JFEスチールは、第4次中期経営計画(3カ年)の最終年度にあたる2014年度をめどに、厚板におけるエネルギー分野の比率を倍増させる。アジアの一次エネルギー消費は、長期的に年率3%の増加が見込まれており、圧力容器などに使われるクラッド厚鋼板など、ハイエンド商品の拡販を狙う。

 同社は、クラッド厚鋼板(圧延法)で月間能力2000―3000トンと世界第3位のメーカー。将来的に同5000トンまで引き上げ、世界トップを目指したい考えで、拡大するエネルギー需要を捕捉する。

おすすめ記事(一部広告含む)