2012年5月10日

ステンレスメーカー4社決算 日本冶金が4期ぶり経常黒字

 ステンレス一貫メーカー4社(日新製鋼はステンレス単独)の連結決算が9日、出そろった。経常損益は日本冶金工業を除く3社が多額の在庫評価損を計上し赤字となるなど、原料ニッケルの価格乱高下に翻弄された。単独ベースの販売数量(出荷量)は、超円高下における輸出面での数量減が響き、全社マイナス。

 アジアメーカーが能力増強に走り、SUS304を中心とした汎用品市場のシェア率が高まるなか、国内メーカーは付加価値の高い独自製品頼みで利益を稼ぐ構図が鮮明となった。今期は冶金が経常ベースで前期比10%の増益予想だが、他メーカーは開示をしていない。

おすすめ記事(一部広告含む)