2012年5月14日

ステンレス冷延鋼板、3月輸入急増1万トン超

 ステンレス協会がまとめた3月のステンレス鋼板類輸入実績は、1万4752トンと前月比43・4%増えた。特に冷延品が1万926トンと55・8%増となった。幅600ミリ以上で板厚3ミリ未満の製品が9200トン入荷。毎月市場の3―4割を輸入材が占めるが、直近ではその影響力が増している。国内メーカー最大手の新日鉄住金ステンレスが「今後の動向を注視している」とのコメントを出すなど、競合するアジア勢との摩擦が今後、熱を帯びる可能性がある。

おすすめ記事(一部広告含む)