2012年8月29日

JFES、超大型鉱石船を比子会社で受け入れ  輸送効率化を加速

 JFEスチールは28日、鉄鉱石輸送の超大型船を、比焼結鉱製造子会社のフィリピン・シンター・コーポレーション(PSC)で試験的に受け入れると発表した。伯資源大手のヴァーレが導入する40万トン級大型船が、10月中旬から下旬に入港する。

 JFEスチールは原料輸送の効率化を目指して、輸送船の大型化や船型を改良するなど競争力のある船隊を整備してきたが、今回の試みを機にさらに輸送費の削減、原料輸送の効率化に努める考え。

おすすめ記事(一部広告含む)