2012年9月3日

日インドネシア官民対話 製錬所投資の環境整備を

 経済産業省の上田隆之・製造産業局長が率いる官民ミッションがインドネシアを先週訪れ、日本とインドネシアの素材・資源産業官民対話を29日開いた。

 経済担当調整大臣府のリザル次官を筆頭とするインドネシア側が、新鉱業法と製錬所投資の現況を説明したのに対して、日本側は現地での日本の製錬所計画について説明したほか、鉱物資源に課す輸出税を再考し、2014年以降も鉱石の禁輸を回避する一方、製錬所投資のための環境整備を求めた。両者は今後もさまざまなレベルで対話を継続し、今秋予定される日尼経済合同フォーラムでも今回の対話を踏まえて協議する考えで一致した。

おすすめ記事(一部広告含む)