2012年9月6日

高炉、缶用鋼板輸出商談 採算改善めざす

 国内高炉メーカーは10―12月積みの缶用鋼板輸出商談で、価格を据え置くか下げ幅を原料コスト低下の範囲内に抑えて、採算を改善したい考えだ。設備の定期修理を集中させるなど、懸案に取り組む。

おすすめ記事(一部広告含む)