2012年9月10日

東京地区のNi系ステン棒鋼、ニッケル安で弱基調

 ニッケル系ステンレス棒鋼は弱基調。生産設備材向けが多いため、この需要に連動するケースが多い。足元は原料価格の値下がりによって需要家が買い控えており、さえない荷動きが続く。SUS304ベースサイズはトン55万―57万円どころ。

おすすめ記事(一部広告含む)