2012年9月12日

JFES・京浜、スーパーOLAC更新を検討 高級鋼シフト加速

 JFEスチール東日本製鉄所(京浜地区)は、本年度からスタートした新中期計画(3カ年)で、厚板工場のオンライン加速冷却設備「スーパーOLAC」の更新などを検討しており、最終年度の2014年度までに、高級鋼比率を現在の20%から40%以上に引き上げる。

 04年にOLACの一部分をスーパーOLAC化したが、残りの部分はOLACをそのまま併用しており、老朽化が目立っていた。このほか、コールドレベラー(ひずみ矯正機)の増強も検討している。

おすすめ記事(一部広告含む)