2012年9月12日

独ティッセンクルップ、欧州建材から撤退

 独鉄鋼大手のティッセンクルップは11日、欧州鉄鋼事業が建材向け鋼材から撤退すると発表した。競争力と収益性改善のために検討した結果決断した。壁材やファサード、屋根、床材など向け鋼材欧州最大手で、2012年3月までの1年間の売上高は約3億1500万ユーロ(315億円)だった。

おすすめ記事(一部広告含む)