2012年9月14日

JFES、ホットプレスに参入 酸化防止被膜鋼板を開発

 JFEスチールは13日、自動車の構造骨格などに使われる超ハイテン対応を目的に、ホットプレス鋼板分野に参入すると発表した。

 燃費・環境規制の強化を背景に自動車メーカーが軽量化への取り組みを強める中、1500MPa(メガパスカル)級の超ハイテン部品製造のホットプレス工法は、車体重量低減の「キーポイント」技術の一つで、かねて自動車メーカーや部品メーカーなどから対応を求められていた。すでに部品適用に向けた取り組みを始めており、JFEによると複数の自動車メーカーが、実車採用の検討に入っているという。
おすすめ記事(一部広告含む)