2021年7月14日

JFE 鋼板表面、目視検査を自動化

JFEスチールは13日、目視検査などを代替する人間の視覚認知に基づく画像処理技術を世界で初めてオンライン検査に適用した「テクスチャ(模様)解析型表面検査装置」を開発・実用化したと発表した。すでに西日本製鉄所・倉敷地区の溶融亜鉛めっき鋼板の製造プロセス(CGL)に導入しており、目視検査の自動化による確実な表面欠陥検出が進み、鋼板の表面品質の向上につながっている。

おすすめ記事(一部広告含む)