2012年9月25日

新日鉄住金、米国預託証券 スポンサー付きプログラム設立

 新日本製鉄と住友金属工業24日、10月1日に合併して発足する新日鉄住金が、同日付でJPモルガン・チェース銀行を預託銀行とするADR(米国預託証券)のスポンサー付きプログラムを設立すると発表した。米国での上場や新株発行等の資金調達を伴うものではなく、発行済株式総数は増加しないため、新日鉄住金株式が希薄化されることはない。

おすすめ記事(一部広告含む)