2012年9月25日

東京地区の針金、実需低迷 弱横ばい

 針金は弱含みの横ばい。市中価格は4ミリがトン当たり19万円、2ミリが21万円中心。秋需の時期に入り、建設工事が徐々に増加している一方、普通線材製品全般に実需は低調な状態。需要低迷を背景に、流通の再販価格はジリ安展開が続いており、「改善の兆しが見えていない状況」(問屋筋)との悲観的な声も聞かれている。

おすすめ記事(一部広告含む)