2012年10月1日

10-12月粗鋼需要見通し 3四期ぶり減2654万トン

 経済産業省が28日発表した2012年度第3四半期(10―12月)の見通しによると、出荷相当粗鋼需要量は前期比3・6%減の2654万トンと3四半期ぶりに減少する。鋼材需要は3・3%減の2349万トンと2期ぶりに減る。輸出が大きく減るうえ、不振の造船、エコカー補助金の反動による自動車の需要減を受けて、内需も減る。

 メーカー問屋在庫は9月末見込みで6月末から減るものの、経産省鉄鋼課ではなお在庫調整が必要とみている。鉄鋼課では内外需ともに下ブレ懸念が強い中で、慎重な生産対応を求めている。

おすすめ記事(一部広告含む)