2012年11月28日

鉄連、災害に強い鋼材・鋼構造 防災提案を全国展開

 日本鉄鋼連盟は、全国各地で防災対策に活用できる鋼材や鋼構造技術の周知活動を強化している。昨年は東日本大震災の被災地向けに展開してきたが、今年は南海トラフの東海、東南海、南海地震、首都圏直下型地震などの耐震だけでなく、広域的に影響が想定される津波被害に対する技術の認知を広げている。さらに鉄鋼業界として、国内で培った耐震、耐津波技術の海外普及も視野に入れる。

おすすめ記事(一部広告含む)