2013年5月2日

東京地区の針金、市況は踊り場へ

 針金は横ばい推移。市中価格は4ミリがトン当たり19万円、2ミリが21万円中心となっている。季節的要因から建築・土木需要が伸びない中で、方向感が定まっていない状況。荷動きは限定的にとどまるなど需給面での後押しはなく、強含みの展開に変化はないものの、市況は踊り場に差し掛かっている。

おすすめ記事(一部広告含む)