2013年5月9日

東京地区の構造用鋼、荷足低調で様子見

 構造用鋼は横ばい。機械構造用炭素鋼(SC、丸鋼)はトン10万9000円どころ、クロム・モリブデン鋼(SCM、丸鋼)は同13万4000円どころ。荷動きは底を脱したが、いぜん低調。自動車部品関連は底堅いものの、建設機械および産業機械向けが盛り上がらないことから、市中の活気も今一つ。

おすすめ記事(一部広告含む)