2013年5月21日

新日鉄住金・ユニプレス、直水冷方式でホットプレス部品量産化

 新日鉄住金と自動車部品メーカーのユニプレス(吉澤正信社長)は20日、自動車軽量化に向けてキー技術の一つであるホットプレス工法で、世界トップクラスの生産性を可能にする直水冷方式を確立し、量産化に成功したと発表した。従来工法に比べ3倍の生産性となるSPM(ショット・パー・ミニッツ)8―9も可能になるとしている。

おすすめ記事(一部広告含む)