2013年5月28日

丸紅・金属G、ロイヒル鉄鉱山15年出荷へ

 丸紅の金属グループは2015年度までの3カ年計画中に、3000億円を超える規模の投資を実行する方針。鉄鉱石、石炭、銅、アルミの4つのコア分野のうち、アルミ以外の3分野で既存権益の立ち上げや拡張などを主体に、資源供給の基盤を拡充する。目玉のロイヒル鉄鉱山は15年の出荷開始を予定。鉄鉱石が加わることで4つのコア全てで権益を保有することになり、強みである銅、石炭分野の権益も増やす。長期的にも石炭、銅、アルミ事業での追加拡張や鉄鉱石事業での新たな権益投資を視野にコア事業を伸ばし、「身の丈に合った成長」(金属グループ管掌の桒山章司常務)を目指す。

おすすめ記事(一部広告含む)