2020年3月18日

JFES 千葉に「5G」、4月導入 4K映像活用

 JFEスチールは17日、東日本製鉄所・千葉地区に次世代移動通信システム「5G」を4月に導入し、4K映像などを使った同期分析を行い、ラインの安定操業やスマートファクトリー化を進めると発表した。5Gの通信環境は通信キャリアのKDDIが提供し、まずは熱延工場にライン監視用の高精細ITVカメラと5G基地局を設置、撮影した4K画像を5Gで伝送し、蓄積される映像と各種トレンドを同期化して分析できる仕組み(システム)を構築する。試運転を経て、5月にも本格的に運用を始めたい考えだ。

おすすめ記事(一部広告含む)