2013年11月20日

共英製鋼、異形棒3000円上げ

 共英製鋼は20日、12月販売の全事業所(枚方、名古屋、山口事業所)の異形棒鋼販売価格をトン当たり3000円引き上げ、6万8000円にすると発表した。実質の製品値上げは4カ月連続で、トータルの値上げ幅は1万円となる。電力料金などエネルギー関係の値上がりに加えて、ここにきての原材料スクラップ価格の急騰で、収益面が一段と厳しくなっており、これを改善するのが狙い。
おすすめ記事(一部広告含む)