2021年4月21日

異形棒鋼販価3000円上げ 共英製鋼、5月8.5万円

共英製鋼は20日、異形棒鋼の5月販売価格を全事業所でトン当たり3000円引き上げ、8万5000円にすると発表した。値上げは状況に応じて「前半」と「後半」の2回に分けて販売した1月後半販売分以来。新型コロナウイルスの影響などから国内の建設用鋼材需要は低迷しているが、主原料となる鉄スクラップのほか、副資材価格や電力料金の値上がりなどによるコスト高を受けて値上げが必要だと判断した。主原料の動向次第ではオファー止めなどの対応も行う。

おすすめ記事(一部広告含む)